SEIKOタイムキーパー



「タイムキーパー」が進化した「タイムキーパービブ」(SSBJ023)が届きました。

従来タイプ(黒)は“ピッ”という操作音の音消しをするには蓋を開けてテープで絶縁していましたが、新タイプはメニュー操作でワンタッチで切り替えられるようになっています。

早速いじってみましたが、ボタンを押す時のスイッチの物理的な“カチッ”という音もしなくなっていて、どうやらバネも改良されているようです。

2009年12月27日(日) No.32 (趣味の設備投資)